GoPro HERO7 Blackの手振れ補正の凄さを動画で公開!

GoProロゴ
LIFESTYLE

アクションカメラといえばGoPro。
何かスポーツをやっていたりその他趣味だったり、アクションカメラを使う機会がある人って実は結構いて、動画じゃなくても広角な静止画も撮れるため、カメラ好きの女子も持ってたり何かと話題になるカメラ。
GoPro史上最高傑作と言われるHERO7は、カメラ素人なおっさん女子でさえ感動するほどのものだった!

手振れ補正が凄い!ジンバル必要なし!

GoPro HERO7の手振れ補正機能がとにかく素晴らしい!と言われていて、そんな?と思ってたけど本当に素晴らしかったw

HERO5を使ってからの7だから余計に素晴らしさを実感したというか、そもそも動画の揺れが全然違う!!!
アクションカメラとかに詳しい人はこんなブログ観なくても良いとは思うけど、私のような、ただ単にGoPro欲しい!広角写真が撮りたい!な理由しかない女子に向け発信していきたいので、ゴープロの細かい機能などは敢えて書かないよー!w

※掲載する為に少し編集。なので画質は実際のより落ちてます。

HERO5で撮影

自転車から撮影

竹富島に渡った際にレンタサイクルを利用。島の街並みをHERO5で撮影。
モードは4Kで撮ってるよ〜!編集しても4K撮影なので多少なり綺麗さが伝わるかな。
でも手振れは結構あるのがわかると思います。

HERO7で撮影したらこんな感じに…

徒歩で撮影

この動画はメモリーカードの問題で4Kでは撮ってませんw歩きながら撮ってるけどゆっくり歩いてる訳ではないのが動画からわかると思います。
普通に歩いてるのにあまり揺れないというのがとにかく凄い!!本来ならもっと揺れるはずなのに!ってそこは本当に感動した!
ここまで揺れないのであればジンバルは必要ないんじゃないかって思うのと、ジンバルも駆使したらとんでもなく良い動画が撮れること間違いなし!

画質も上がった!水中を撮ったらこうなる!

幻の島水中
幻の島の水中をHERO5で撮影。

これはHERO5で水中を撮った画像。
ここは石垣島から小さな船で15分ほど走らせると、干潮時だけに現れる幻の島という所にたどり着く。すごく綺麗な為、水中を撮ってみた!
これでも十分綺麗だけどなんとなーくモヤモヤ〜としてるのがわかると思う。

奄美大島水中
HERO7で撮影した奄美大島の海

画質の良さがすぐわかるんじゃないかなー。こっちは奄美大島で撮った一枚で両者とも同じぐらい晴れていたので太陽の条件は同じ。むしろ石垣島のが9月初めだったので日差しは強かったはず。だけどこんなにも明るく綺麗に水中が撮れるのにも正直驚き。

広角の写真は今後更新予定である旅のブログで観てね〜♡w

今回はざっくりと手振れ補正の凄さ、画質の良さに関して記事を書いてみた。

私が個人的に感じたことを書いていくと…

カメラとアプリの接続が結構な確率で切れる!
これは多少は仕方ない面でもあるが、今回は驚くほど接続できないことが多かった。大切な瞬間を撮ることができないじゃないか!と言いたくなるほどw
まぁカメラを使ってる最中に切れることはなかったが、さて撮るぞ〜!て思ってアプリを起動するとダメなことが結構あったかな。

起動が早い!そういう面ではサクサクと撮れる!
GoPro持ってる人であれば起動した時のピピピッって音わかるんじゃないかな。起動するのが前のGoProと比べて早くなったのが非常に良い!前もそんなストレスを感じることはなかったが、HERO7を起動するときに感動したのは言うまでもない。

microSDサンディスクじゃなくてもOKな件。
メーカーが推奨しているのはSanDisc(サンディスク)で容量が多いもの。でも結構高くてびっくりする…。
あまりやたらなmicroSDだと読み込みエラーになるというのをよく聞くので安すぎるmicroSDは非常に怖いのが現実。
私が使ってるのはSAMSUNGサムスンの32GBでU3対応のmicroSD。4Kを撮影する際にはU3だと安心だよー!
U1でも試したことあるけどHERO7に関しては1だと書き込みがワンテンポ遅いです!

GoPro HERO7 Blackを買うか悩んでる人へ

アクションカメラだし、旅行もそんな行かないしあまり使わないかなって迷ってる人が私の周りでもかなりいます!でも私は迷わず購入することをオススメしたい!(あまりにも使わないなら無駄になってしまうが…)
まずお試しで使ってから購入を考えても遅くはない!今はGoProなどカメラがレンタルできるサイトがあってそこで一度使ってみるのも手だと思う!
是非アクションカメラの楽しさ、ゴープロの良さを体感して欲しい!!

ゴープロHP

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。